沿革
創業1952年、株式会社協立商会の歴史と伝統を受け継ぐ

1952年7月


1953年 7月 

1958年 9月

1986年11月

1986年12月

1994年2月

2000年3月

2000年3月

2000年3月

2005年6月

2007年1月

株式会社寺岡精工元営業部長古屋勇造が、寺岡精工東京地区代理店として独立、協立サービス商会として発足、計量器販売・修理サービス業を創業

法人組織に改め、株式会社協立商会を設立

山形県山形市に山形営業所を開設

初代社長古屋勇造逝去

後任社長として古屋シヅヱ就任

社長として浜田和彦就任

商号を株式会社協立サエラとする

同時に資産管理部門と営業部門を分社化する

分社後、営業部門を新生株式会社協立商会として設立

不動産事業部開設

株式会社協立商会社長として浜田鉄平就任